読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボッシュの通販~!レーザー

安い
今までボッシュの製品は!購入したことがなかったですが!友人の紹介で購入しましたが!特に問題なく使えるようで良かったです。アレ、建具や内装(壁紙、フローリングなど)を傷つけないのかと、見ていてヒヤヒヤしています(笑)こちらの距離計を使えば、人様の新築物件を見学させていただく時にも、遠慮なく測れそうです。ただ!機器の厚みがもうすこし薄ければ!ポケットにも入れることができ!便利なのですが…。

こちらになります!

2017年02月14日 ランキング上位商品↑

ボッシュ レーザー【廃番】【後継品 GLM40】ボッシュ BOSCH GLM50 レーザー距離計 最大測定距離50m

詳しくはこちら b y 楽 天

到着後さっそく使用してみましたが、建物の測定時に大変重宝しそうです。現場で計測する時!2人がかりですることもなくデジタルなので数字も読み取りやすく!まず間違いがありません。屋外では20m〜30mくらいかな三脚固定しないと計測は難しい重さはコンベックス持つより軽い便利な商品です現場でレーザーポインター代わりに使ってます早速!使ってみました。又、送料も無料でおまけまでついて大変気に入りました。ただ日中外で使用するときは!どうしてもレーザーポインタが少し確認しづらいので!工夫が必要そうですがお値段を考えますと十分すぎる性能かと思います。この商品、配送料まで含めると、このショップが楽天では最安値でした。赤色レーザーはかなり強めで指示棒代わりに現場でココ見てと指示してます。取り扱いも容易です。もっと早く購入すればよかったです。ボッシュはレーダー探査機!車用バッテリーなどいくつかの製品でほぼ満足です。30m程の距離をカメラ用の三脚を使い三回測定。(完全に電気屋目線です)使う用途は軽天下地が出来た際に照明器具や感知器の開口や線出しの位置出しとボード張ってからの位置出し用です。本体の周囲にはラバーが 貼ってあり万が一の衝撃にも耐えるし、大きさも手にマッチする。手持ちでは制度に不安の場合は水準器使い三脚に固定するが穴は空いてます。wwただ!意外と屋外で使用したいと思う場面があり!屋外用を買っておけばよかったと思っているところです。プレゼントとはいっても!不要なものは不要(精度の低いタイマー)なので!それだったらむしろ次回購入時には配送無料となるクーポン!などのほうが嬉しいです。その数値の合計を求める。今までコンベックスで測定をしていたのですが!その時間を返して欲しいぐらいです。他と比べて激安ではなかったですが!最安値付近の商品だったので長期在庫の商品かと心配していましたが!本年1月(購入2月)のロットの商品でした。建売オープンハウスや注文住宅完成見学会などで、工務店の方に、キッチンなど内寸を質問すると。誤差が大きい様にも思えるが、今回、三脚の設置を正確に行わなかったのでじゅうぶん許容範囲内だと思われる。精度はかなり高いと思います。と!いいますのも。 1. A地点からB地点まで測定。また梱包も丁寧で!注文から発送到着までの流れも非常にスムーズでよいお取引が出来ました。天井高!室内距離など!メジャーでは手間のかかる長さもすぐにわかりますし!効率がいいですね。デメリットとしては、 ・ レーザー光が薄くて見つけるのが大変。職業は電気制御の仕事をしています。購入前はメジーで測定していましたが、測定の困難の場所などが有り不便でしたので本製品を購入しました。値段にもかかわらず50m測定、いろいろな測定機能が有りとても良い製品です。難点は、何回も測定しなければならない時+-メモリの回数に制限がある事です。金額に余裕が有れば少し上の性能が良いものを選んだ方が良いです。電卓のM+,M-の機能です。後は満足できる製品です。小型軽量、本体は厚みがあり、縦置きでもしっかり立ちます。駐車場の端から端までを測定したのだが!本体とポインターまでの水平はブロックの目地に合わせた。 3. A地点からB地点までを3分割して測定。今まで超音波系の電子コンベックスを使っていたが!精度もmmまで表示され今のところ便利なツールとしておすすめの商品です。 ・ 本体の側面部分とレーザー光線の平行が若干ズレてる。建築物の高さなど面積なども想定可能。最初は一般家庭用(緑色)のタイプで購入を考えていましたが!こちらのお店では安く販売していたのでワンランクアップの商品として購入しました。測定時にねらったところが!ななめの場合は!測定に少し時間がかかったり!たまにエラーなったりすることがありますので!注意が必要です 。今後、色々な場面で活躍してくれると思います。50Mまでの計測は室内なら問題なし。今回!住宅を新築することになり!壁面の距離を測定するために購入しました。ちなみに、1を2回、繰り返し正確に測定した時には誤差はありませんでした。 2. B地点からA地点まで測定。電気屋ですがスケールの代わりにならないかと購入してみました。また、液晶のバックライトが暗いと自動点灯して便利なのですがヘルメットにLEDヘッドライトを装着して仕事をするとその明かりに反応してバックライトが点灯しなくて何回か不便に感じましたので強制点灯も選択できればいいと思います。写真の距離は限界です。測るのは簡単です。気軽に測れます。これはオススメ!家庭用の廉価版にしようと思っていたのですが楽天で売ってなかったので!つい上位版を買ってしまいました。電池の持ちも問題なく、万が一切れても単四2本はどこでも入手可能です。屋内ではレーザーポインターでどこを測定しているかしっかり確認でき!連続モードで測定すると!ポインタで狙ったところの距離がすぐに出ます。ごくごく普通の金属(?)のメジャーで測っています。屋外は昼間なら30M程度まで反射板(交通標識なんかは)50Mまでいけます。ただどんどん足していくので電卓をポケットにいれて置くとさらに便利です。また!中心を出したい場合は天井端にこの距離計をセットして全長を出してから半分に割るのですがいちいち計算するのが面倒なのと信頼性を向上させたいので一発で計測した距離の半分がでるボタンがあればいいなと思います。1と2の誤差は6mm!1と3の誤差は13mm!2と3の誤差は19mmでした。あと、オマケの2種類のタイマーは2つもは不要です。天井の墨だしはスケールだとすぐに落ちてくるので2m超えてくるとつらいですがこれだと50m計測できるので広い場所では便利です。。2週間程使用しましたのでレビューします。自宅建て替えの為、工務店巡りの最中です。また!何箇所も計る場合も壁基準でどんどん寸法を足していけばいいのですごく作業効率がアップします。測量対象物を傷つける心配なし。また!電線を発注する際に距離を測るのもすぐに計れて便利です。ツータッチ(1.レーザーねらって、2.測定)で測定でき簡単です会社で使用しています。使えます。現場によりますがかなり効率アップが図れる場合もあるので色々試したいと思います。ですが!値段を考えると今の屋内用50m仕様がベストだったと思っています。とはいえ、建物の中で壁から壁までといった使い方をするのであればかなり正確に、問題なく使えそうです。の2点でした。ゴムの保護も両面についてるし!先端からも後方からも測れるのでよかったかなとおもいます。こういう商品は常に身につけていると使い道が結構あるので腰道具に一つ装着してはいかかでしょうか。ケースが付属していてベルトにマジックテープで装着できますので私は腰道具の間をなんとか作って腰ベルトに常時装着しています。使い方も簡単で!距離計としての精度も文句なしです。